イントロダクション


INTRODUCTION

-知ろうとしなければ何も知らないんだよ僕たちは-

樹は学校帰りに友達と廃ビルを漁るのが日課だった。
そこで毎日他愛ない話をしていた。
今日の授業の話、学校の先生の話、ニュースの話、数値の話、地下の話。
帰ってくるとお母さんに携帯端末の使いすぎを怒られる。
SNSで色々な人の投稿を適当に眺める。
庭でとれた野菜でご飯を食べる。
お母さんはいつも二つの鍋を使う。
夜には星を見る。
たくさんの星を見る。
そうして眠りにつく。
朝起きて、数値を測ることから1日が始まる。
そんな日常。
それが日常。
彼らの日常。
私たちの日常。

 
 
 

劇団アレン座第三回本公演『積チノカベ』

小林亮太
-Kobayashi Ryota-

2016年Amazonプライム・ビデオ配信「仮面ライダーアマゾンズ」や2019年公開映画「JK☆ROCK」など数々のドラマや映画に出演。2014年からNHK Eテレ「ビットワールド」にレギュラー出演。 舞台では、2018年舞台『パタリロ!』★スターダスト計画★や2019年舞台「『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage」に出演し注目を集めている。
石川翔
-Ishikawa Sho-

1996年1月22日生まれ 俳優・声優として活動。 『六本木一丁目声優學園』にて様々なレッスンを受けながらライブ活動も経験。 2018年8月、進戯団 夢命クラシックス#21.5『紅の月に導かれシは千年の―』ブラン役にて初舞台。 2019年5月から「2.5次元ダンスライブ『ALIVESTAGE』に八重樫剣介役として出演し注目を集める。 今注目の若手俳優である。
田中美麗
-Tanaka mirei-

2010年6月7,000人の中からオーディションに合格し、アイドルグループのメンバーに選ばれる。 2011年12月TBS「第53回 日本レコード大賞 新人賞」を受賞。2013年6月に行われた日本武道館での公演を果たす。 その後ドラマ『FIRST CLASS』(フジテレビ)に小杉綾奈役として出演し注目を集める。その他にも雑誌やショーなどモデルとしての活動も多く行っている。
來河侑希
(Allen suwaru)
-Kitagawa Yuki-

劇団アレン座主宰 1984年3月9日生まれ 福岡県出身 12年、映画「Heart Beat」(12/浅沼直也)で高校生の微妙な心理を演じ注目を浴びる。テレビドラマ「世界の中心で愛を叫ぶ」(04/TBS) 「H2~君といた夏~」(05/日本テレビ)、大河ドラマ「風林火山」(07/NHK)、映画「GOTH」(08/高橋玄監督)、モントリオール世界映画祭ノミネート作「Noise」(17/松本優作監督)などに出演。出演・共同プロデューサーを務める映画「僕の帰る場所」は、東京国際映画祭(アジアの未来部門)にて、作品賞と国際交流基金アジアセンター特別賞の2冠を達成。その他、21カ国30以上の国際映画祭に選出され注目を浴びている。
栗田学武
(Allen suwaru)
-Kurita Manabu-

1985年6月7日生まれ 大阪府出身
繊細な役柄からコメディーまで演じ、優しい人柄が魅力。 舞台『KING OF PRISM-Over the Sunshine!』(氷室聖役)、劇団方南ぐみ『逢いたくて』の他、『大正浪漫探偵譚』シリーズ、『JYUKAI-DEN』シリーズ 2.5次元ダンスライブ『ツキウタ。』ステージシリーズ等、人気作品に続々と出演。またライブイベント『STAGE FES2018-2019』(大宮ソニックシティ)にも参加。 現在、「S.Q.S Episode 4『TSUKINO EMPIRE2 -Beginning of the World-』」への出演が発表され、注目を浴びている。
普光院貴之
(Allen suwaru)
-Fukoin Takayuki-

1990年11月6日生まれ 東京都出身 多彩な特技と演技を見せる。アクの強い見た目とは裏腹に確かな芝居力と一つ一つの役柄をガラッと変化させ る演技力と透明感を持つ。コメディーからシリアスな役まで作品にしっかり存在する。今後、テーマ性の強い 映画、芝居に規模、役に関わらず参加していく予定。意欲作に出演を続けている。
西本銀二郎
-Nishimoto Ginjiro-

2009年に13歳で初舞台に出演。その後、映像を中心にドラマ『鈴木先生』(テレビ東京)、『明日の約束』(関西テレビ)、『今日から俺は』(日本テレビ)など人気作品に続々と出演。 2018年には映画「ニセコイ」に出演し、2019年、『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ)に出演し注目を集める。 舞台でも精力的に活動し、兄が代表を務める団体「ACT」にて主演・キッペイ役を好演した。
宮﨑優
-Miyazaki Yuu-

TV『美少女クエスト』(CX)にて「初々しすぎる美少女」として紹介され注目を集める。 その後、集英社「週刊ヤングジャンプ」No.49 11月8日発売号にて巻末グラビアを飾る。 ドラマ『高嶺の花』(フジテレビオンデマンド)にてメインキャスト・小川水希役を演じドラマデビュー。 今作が初の舞台出演となる注目の女優である。
妃乃ゆりあ
-Hino Yuria-

ドラマ『カンナさーん!』(TBSテレビ)や映画『バレンタイン・ナイトメア』、PVではET-KING『約束』やUVERworld『ALL ALONE〜一秒先向かう者とただ訪れる者〜』、Alexandros『Runaway』などの映像作品に出演の他、劇団昴『クリスマスキャロル』、ジャパンアワード主催『13月の女の子』、劇団野良犬弾『サナトリウムの春~離小島療養所~』など舞台作品にも精力的に参加。
 
 
鷲尾英彰
-Washio Hideaki-

1978年生まれ、千葉県出身。さまざまな舞台・映像作品に出演。 主な出演作に、舞台チェルフィッチュ『三月の5日間』(第49回岸田國士戯曲賞作品/再演)、『スーパープレミアムソフトWバニラリッチ/ソリッド』、ポツドール『愛の渦』(第50回岸田国士戯曲賞作品)、『夢の城』など。ほかに岡崎藝術座や庭劇団ペニノなどに出演。 映像では、映画『シスターフッド』(2019)、『ハード・コア』(2018)、『鈴木家の嘘』(2018)、『素敵なダイナマイトスキャンダル』(2018)、テレビ朝日『警視庁・捜査一課長スペシャル』(2018)、TBS『ディアスポリス-異邦警察-』(2016)、WOWOW『夢を与える』(2015)などに出演している。
小林麻子
-Kobayashi Asako-
埼玉県出身。イワモトケンチ監督「行楽猿」でデビュー。 映画出演作に市川準監督「大阪物語」、奥原浩志監督「波」(ロッテルダム映画祭ネットパック賞受賞)、 渡辺謙作監督「となり町戦争」、水谷豊監督「TAP」など多数。 松岡錠司監督「深夜食堂」には、TV・映画全てのシリーズに参加している。 また舞台でも精力的に活動し、マシュマロウェーブやSWANNYの実験的な作品に多数参加。 最近では財団、江本純子「事務王1」や流山児事務所「雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた」など幅広く出演している。
近童弐吉
-Kondo Nikichi-
劇団「状況劇場」を経て1987年「劇団新宿梁山泊」の旗揚げに参加。その後「劇団1980」「グループ虎+現代制作舎」その他多くの芝居に出演する。主な主演作に演劇企画集団THE・ガジラ+世田谷パブリックシアター提携公演「ベクター」(作・演出/鐘下辰男)(主演) 等がある。
 
 
磯野大(映像出演)
-Isono Dai-

株式会社Allen所属。 東京ワンピースタワー「ONE PIECE LIVE ATTRACTION“3”『PHANTOM』」で ロロノア・ゾロを熱演、人気を博す。舞台『大正浪漫探偵譚-六つのマリア像-』、 「2.5次元ダンスライブ『ツキウタ。』ステージ 第8幕『TSUKINO EMPIRE-Unleash your mind.-』」に出演。 2019年に舞台『刀剣乱舞』2019年新作に出演が決定し、大きな話題を呼んでいる。
しゅはまはるみ(映像出演)
-Shuhama Harumi-

東京スポーツ映画大賞 新人賞受賞。 高校より芸能活動を始め卒業後フリーに。堤泰之、白井晃の演出作品などに出演後、劇団東京乾電池に入団し、20周年記念公演「しとやかな獣」では柄本明の娘役に抜擢。ナオミ・キャンベルに変身するTBCのCMにも出演。その後、地道に俳優活動を続け、2018年公開の映画『カメラを止めるな!』に参加。主人公の妻・日暮晴美役で大ブレイク。映画、ドラマ、バラエティ、舞台、CMと幅広く活躍中。
 
 
   
 
 
スタッフ一覧
脚本・演出:鈴木茉美
舞台美術:杉山至(青年団・六尺堂)、谷佳那香(六尺堂)
照明:齋藤茂男(シアタークリエイション)
映像:浦島啓(colore)
衣装デザイン:Yoshimi Saito×キタガワユウキ(Allen)
アートデザイン:Yoshimi Saito
音響:川西秀一(Lucky jr.sound)
舞台監督:はじり孝奈(合同会社obbligato)
音楽:翡翠(月読レコード)
ヘアメイク:藤本麗
撮影:木村健太郎(Allen)
宣伝美術:小倉美緒、Allen
HP:普光院貴之(Allen)
ロゴデザイン:小倉美緒
制作協力:島崎翼
プロデューサー:キタガワユウキ
主催・制作:株式会社Allen


 
 

劇団アレン座第三回本公演「土の壁」

劇場名 公演日 地域 TEL サイト
北九州芸術劇場 小劇場

〒803-0812 福岡県北九州市小倉北区室町1丁目1-1-11

2019年7月4日(木)~7月7日(日) 福岡 093-562-2655 劇場情報
すみだパークスタジオ倉

〒130-0003 東京都墨田区横川1丁目1-10

2019年7月11日(木)~7月14日(日) 東京 03-3625-4640 劇場情報
 
 
公演日程詳細|劇団アレン座第三回本公演「土の壁」
                  
福岡公演
日程 昼の回 夜の回
7月4日(木)--- 19:00
7月5日(金) 14:00 19:00
7月6日(土) 13:00 18:00
7月7日(日) 13:00---
東京公演
日程 昼の回 夜の回
7月11日(木) 14:00 19:00
7月12日(金) 14:00 19:00
7月13日(土) 13:0018:00
7月14日(日) 12:00 17:00
 
 
チケット案内|劇団アレン座第三回本公演「土の壁」
<全席指定席>
福岡公演:
◯一般指定席:4,500円(税込)
◯プレミアム前方席シート:6,500円(税込)
※公式パンフレット&非売品ポストカードセット付き

東京公演:
◯一般指定席:5,800円(税込)
◯プレミアム前方席シート:7,800円(税込)
※公式パンフレット&非売品ポストカードセット付き

<お申し込みフォーム>
(カンフェティ)
チケットURL:http://confetti-web.com/tsuchinokabe
電話予約:0120-240-540(平日10:00~18:00)

(アニメイト)
【福岡公演】
https://www.animate-onlineshop.jp/products/detail.php?product_id=1647501
【東京公演】
https://www.animate-onlineshop.jp/products/detail.php?product_id=1647502



・チケット発売日
最速先行発売(抽選)2019年4月27日(土)朝10時00分〜5月8日(水)23時59分
二次先行発売(抽選):2019年5月17日(金)朝10時00分〜5月26日(日)23時59分
一般発売(先着順):2019年6月1日(土)21時00分〜


 
 
劇場案内|劇団アレン座第三回本公演「土の壁」
 
福岡公演 北九州芸術劇場 小ホール

JR小倉駅(南口)より徒歩10分。
JR西小倉駅より徒歩3分。
東京公演 すみだパークスタジオ倉

JR 錦糸町駅(北口)より徒歩12分
東京メトロ半蔵門線 錦糸町駅(3番出口)より徒歩13分
東武伊勢崎線 業平橋駅より徒歩12分
都営浅草線 本所吾妻橋駅(A2出口)より徒歩13分
押上駅=半蔵門線・東武線B2出口より徒歩15分
   =都営浅草線・京成線A2出口より徒歩14分
 

グッズ販売|JYUKAIDEN - KINGS (ジュカイデン キングス)|劇団はっぴぃはっぴぃどりーみんぐ2016年12月公演情報

Coming soon...
 

 
 

劇団アレン座第三回本公演「土の壁」

Coming soon...
 
 

コンタクト

Allen公式TWITTER   Allen公式ブログ

・公式HP:http://allen-co.com/allen-suwaru/
・公式ブログ:https://ameblo.jp/allen-suwaru
・公演についてのお問い合わせ:info@allen-co.com
・チケットについてのお問い合わせ: https://confetti-web.com/support/qa_reg_1.php
・北九州芸術劇場: http://q-geki.jp/
・すみだパークスタジオ: http://www.theater-sou.com/
・公式HP:http://allen-co.com/allen-suwaru/
・公式ブログ:https://ameblo.jp/allen-suwaru
・公演についてのお問い合わせ:info@allen-co.com
・チケットについてのお問い合わせ: https://confetti-web.com/support/qa_reg_1.php
・北九州芸術劇場: http://q-geki.jp/
・すみだパークスタジオ: http://www.theater-sou.com/

Allen suwaru

© copyrights Allen All Right reserved.

-->